2008/3/9 千倉大会


千倉大会出場
2008年3月9日、千倉大会に参加しました。
今大会は参加チームが前大会よりも多く、千倉体協、EPスポーツ、三芳体協、富山体協、丸山、ガーデン(ズ?)、デンジャラス、そしてスピリタスの8チームとなりました。
チーム数の関係で変則トーナメントらしく、準決勝まで進んだとして負けると3位4位すらなれないそうです。

初戦突破
組み合わせ抽選はくじ引きで行われ、スピリタスは1を引く。もちろん1試合目で、対戦相手は毎週練習試合をしているEPさんでした。
お互い手の内を知り尽くした相手だけに、やりにくいし、負けられません。
1セット目、2セット目ともにギリギリでしたが結果は2-0でストレート勝ちで第1回戦突破です。

2回戦突破
第2回戦は別ブロックでガーデン(ズ)さんを打ち破り上がってきた、デンジャラスさんとの対戦でした。
直接対戦したことがないチームだけに不安要素はありました。
終盤は少しハラハラしたところもありましたが、全体的に安定したリズムを取れ2-0のストレートで勝利!

決勝進出 あっさり1セット取られる
そして決勝戦の相手は、別ブロックで激戦を勝ち抜いてきた三芳体協さんでした。
今年の三芳体協さんは若い世代が増え、レフトの大砲に加えセンターからの早い攻撃もあり、リズムに乗せるとやりにくいです。
出だしに苦しみ終止リズムに乗れないスピリタスに反し、勢いがある三芳さんにあっという間に1セット目を先取される。
恐らく現場にいた人は三芳さんのストレート勝ちだろうと誰もが思ったに違いありません。
しかしそこであきらめるわけにはいきません。優勝チームに贈呈されるボールとホイッスルをゲットしなければならないのです!
なぜならホイッスルはリベロ助っ人で来ていただいているタッキーへのプレゼントを約束していた(試合中に約束したw)のと、優勝ボールをゲットして新鮮な気持ちで練習できるように!と。

2セット目 意地で取り返す
2セット目は1セット目よりはリズムと勢いを取り戻したものの、苦しい試合の流れには変わりありません。この流れを変えるために、タイムを取りで少し作戦を立てます。
三芳さんはブロックが高く単調なオープン攻撃では必ず2枚ついてきます。
そこでコンビ&フェイントで揺さぶって、ブロックを薄く&疲れさせるという作戦です。
まぁ基本ちゃー基本かもしれませんが、若いチームが相手だけに効果が期待できます。
ようは粘りに粘って若者の心を砕く作戦w
意識を変えるだけでも効果があったのか、相手も徐々にペースが乱れ、逆に見方はまとまりが出て来、ボールも落としにくくなってきました。
何とか2セット目を勝ち勝負は3セット目に持ち越されました。

勝負の3セット目を取って優勝!
3セット目は15点マッチなので先にリードしたいところです。
・・が、案の定スピリタスは出だしが悪い!
あっという間に5点、6点と取られ、これはたまらんってことでタイムアウト。
タイム後は徐々にリードを詰め、3点リードされたところでハーフのコートチェンジ。
後半も引き続き揺さぶり作戦を続行し、三十路プレーヤーにはキッツイですが、相手だってイヤなはず。
若い相手チームにはだんだんミスが目立ち始めます。
コンビ強打とフェイントをうまく混ぜながら試合を運び逆転、勝利まで目前となりました。
チームにも勢いが増し、まとまりが見え、ようやくこのあたりで行けると確信しました。
最後は相手のミスを誘ってゲームセット。
優勝です!!おめでとー!老体に鞭打って頑張った結果ですw

今大会、くじ運にも恵まれたとは思いますが、やはり普段の練習の成果がでているものだと思ってます。
積極的に、練習試合を組んでいるのも意味があることだったと実感しています。
そして何より、強いチームに勝つってことは正直嬉しいもんです。
ボールもゲットでき、タッキーにもホイッスルをプレゼントできて本当によかった。
打ち上げでは、優勝の喜びに浸るのもつかの間、なぜか反省会へと変わり、いつの間にか今後のスピリタスについて熱く語る場に・・。
みんなバレーバカだなぁと実感しました。

次は千葉市近隣大会に出場予定です。
明らかに地元大会とはレベルが違うので1歩ずつのチャレンジになりますが、スピリタスはさらに強くなるはずです!

今大会スピリタスの出場メンバーは
L ナガイ,オグ,ゴリ
C ヨウスケ,アカシ
R オッチ
S ヒデ
リベロ タッキー
ピンチサーバー ナナ
助っ人のタッキーさん。本当にありがとうございました。
またよろしくお願いします!



もっと見る